ユーザ用ツール

サイト用ツール


statement:20220409ukraine_tokyo_haduki

見解・声明など » ウクライナ侵攻への声明 | PDF

抗議声明

私たちは、ウクライナ領土へのロシア軍の侵略に抗議し、即時撤退と停戦を強く求める!

2022年4月3日
日本科学者会議東京支部女性研究者・技術者交流組織「はづきの会」

2月24日にロシアが軍事侵攻を開始して以降、ウクライナの日常は一変した。戦争によって、現在も多くの人々が命を落とし、戦火を逃れるべく国境を越える事態となっている。戦争の犠牲になる人々は戦闘員ばかりではない。爆撃の犠牲者のなかには多くの市民が含まれており、非武装の女性や子どもも例外ではない。難民の9割が女性や子どもであり、ウクライナの子どもの半分以上が戦争状態の中での避難生活を強いられているという情報もある。また、女性が戦時性暴力の犠牲となっていることや、難民、特に子どもに対する人身売買や搾取のリスクが高まっていることも指摘されている。

ロシア政府による核兵器を用いた恫喝は、国内外の個人の生命をないがしろにするという意思表示であるばかりではなく、全人類への挑戦であり、人権に対する武力・暴力の優位性を物語る傲慢な思想である。

私たちは、いかなる武力・暴力をもってしても国際秩序の安定を図ることはできないこと、そこに平和の実現はないことを確信する。どのような理由があっても、一方的に独立国に侵攻し、大量殺りくをおこなっているロシアに対して、世界中から強い非難と抗議が起こっているのは当然である。

ロシアのウクライナへの侵攻以来、ヨーロッパ諸国に始まり、日本も含めた世界各国がウクライナへのさまざまな支援を表明・模索している。

日本国憲法の前文には、「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」とある。憲法のこの記述によって、その実現のために努力することを、私たちは世界に向けて宣誓している。日本はまた、唯一の被爆国でもある。これらに鑑みると、日本こそ、核兵器を含むいかなる軍事力にも頼らずに世界平和を実現するために、リーダーシップを発揮できる立場にいることがわかる。

私たち女性研究者・技術者は、核時代にあって何よりも一人一人の人権と多様性を尊重し、平和を希求し、市民と共に実現に努力してきた。ウクライナと世界の人々の生命と尊厳を守り、平和の実現のために、ロシア軍の一刻も早い停戦とウクライナからの撤退を強く求める。


Protest Statement

We Protest the Invasion of Russian troops into Ukrainian Territory and Urge the Immediate Withdrawal and Ceasefire!

April 3, 2022
Hazuki-no-kai, a voluntary group of women researchers and engineers,
Tokyo Branch of the Japan Scientists Association

Since Russia launched its military invasion on February 24, daily life in Ukraine has totally been transformed. The war has caused many people to lose their lives and cross the border to escape the war. The victims of war are not limited to combatants. Many civilians are among the victims of bombings, including unarmed women and children. Some reports indicate that 90% of the refugees are women and children, and more than half of Ukraine's children are displaced in a state of war. It has also been noted that women are victims of wartime sexual violence and that there is an increased risk of trafficking and exploitation of refugees, especially children.

The Russian government's threats with nuclear weapons are not only a statement of its intention to neglect the lives of individuals at home and abroad, but also a challenge to all mankind and an arrogant ideology that illustrates the superiority of force and violence over human rights.

We are convinced that no amount of force or violence can stabilize the international order, and that peace will never be achieved there. It is only natural that there is strong condemnation and protest from all over the world against Russia, which, for whatever reason, has unilaterally invaded an independent country and committed mass murder.

Since Russia's invasion of Ukraine, Europe and other countries around the world, including Japan, have expressed and sought various kinds of support for Ukraine.

The preamble of the Constitution of Japan states, “We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.” By this statement in the Constitution, we pledge to the world that we will strive to realize this right. Japan is also the only country to have experienced the atomic bombings. In light of these facts, Japan is in a position to take a leadership role in achieving world peace without resorting to any military force, including nuclear weapons.

We, women researchers and engineers, have above all respected the human rights and diversity of each individual in the nuclear age, and have sought peace and worked together with citizens to realize it. In order to protect the life and dignity of the people of Ukraine and the world, and for the realization of peace, we strongly call for a ceasefire and the prompt withdrawal of Russian troops from Ukraine.

statement/20220409ukraine_tokyo_haduki.txt · 最終更新: 2022/04/12 02:13 by michinobumaeda

ページ用ツール