ユーザ用ツール

サイト用ツール


statement:20200508olympics

見解・声明など | PDF

A Statement at the IOC President’s Visit to Japan:

“impossible to hold the Tokyo 2020 Olympics in this summer forcibly”

JSA International Department
May 8, 2021

The end of COVID-19 epidemics is still unforeseeable. In the final week of April, average daily infection amounted to around 5,000 in Japan. Medical institutions are overloaded with increasing patients in several regions. On April 23, the Japanese Administration issued a Declaration of State of Emergency in Tokyo, Kyoto, Osaka and Hyogo prefecture (from April 25 to May 11, but prolonged to May 31). In Japan, the ratio of vaccinated residents is far lower than that of many other countries as of April 28th. It is unlikely that Japan, especially Tokyo, where not only the infections cannot be controlled yet but is drastically increasing, can provide international athletes and their team members with safe environment. Medical professionals are not confident whether they can treat infected people as they are not being able to do so even for Japanese residents themselves.

The international commission of the Japan Scientists’ Association (JSA) doubts that the Olympics scheduled for this summer will be held safely. When Mr. Thomas Bach, President of the International Olympic Committee (IOC), visits Japan, the JSA international commission will state that:

  • The Olympics is a festival of peace: Human lives and security must be maximally respected.
  • The Olympics must not be a trigger of the worldwide pandemic.
  • The Olympics should not waste medical resources and burden Japanese tax-payers too much.

Accurately considering the present situation, we argue that it is impossible to hold the Tokyo 2020 Olympics in this summer forcibly. We hope the IOC will make a rational judgement based on scientific evidences.


IOC会長来日に際しての声明

「今夏の東京オリンピック2020強行開催は不可能」

コロナ禍の収束は依然として見通せない。日本では、4月末の1日あたり感染者数(直近1週間の平均値)は、約5000人に達した。患者数の増加が医療機関 の受け入れ能力を超える事態が、いくつかの地域で起こっている。政府は、4月23日、東京都、京都府、大阪府、兵庫県に緊急事態宣言を発出した(4月25日 から5月11日まで、その後5月31日まで延長)。4月28日時点における日本でのワクチン接種率は、諸外国に比べて著しく低い。東京都では感染は制御できておらず、感染者が増加している。日本が海外のアスリートや大会関係者に、安全な環境を提供できるとは考えにくい。医療従事者も、日本居住者の治療もままならない中で感染者に対応できるのか、確信が持てないでいる。

日本科学者会議(JSA)国際委員会は、今夏に予定されているオリンピックが安全に開催できるという見通しに、重大な疑念を抱いている。国際オリンピック委員会(IOC)会長トーマス・バッハ氏の訪日に際し、JSA国際委員会は、以下のように声明する。

  • オリンピックは平和の祭典である。人命と安全が最優先されねばならない。
  • オリンピックが感染症の世界的流行のきっかけになってはならない。
  • オリンピックが医療資源を浪費したり、日本の納税者に過度の負担をかけたりすべきではない。

現状を適切に考慮するなら、今夏の東京オリンピック2020を強行開催することは不可能であると、私たちは考える。IOCが、科学的事実に基づき冷静な判断を行うことに期待する。

2021年5月8日
日本科学者会議国際部

statement/20200508olympics.txt · 最終更新: 2021/05/12 18:43 by michinobumaeda

ページ用ツール