『日本の科学者』 2017年目次

2017年1月号 Vol.52 No.1 通巻588号

<巻頭言>
   私たちが目指すべき政治と社会運動   土肥有理
<読者の声>
<特集>学生・院生・若手研究者の勉学・研究条件上の諸問題
   まえがき   『日本の科学者』編集委員会
   危機に置かれる学生の経済実態─高い学費と学生の経済的支援   境正俊
   JSA院生の運動とその異議─近年の東京での活動紹介を中心として   JSA東京支部院生幹事会
   学生の就職難と賃金問題─最低生活保障としての最低賃金1500円   鈴木力
   若手研究者のライフコースの困難について─JSAの組織拡大の前提のために   佐藤和宏
<談話室>
   重度心身障害者施設での10年─もう一つの現実
<レビュー>
   HPVワクチンの安全性─国際査読誌が動物試験論文を掲載後に不正撤去   寺岡章雄・片平洌彦
   特定秘密保護法の問題点─施行後の現状と課題   瀬畑源
<オピニオン>
   農山漁村にいまこそ牢固な「9条守る」砦を   根本敬
<サロン>
   平和の鍵を握る街から   岸牧子
<本>
   畑明郎 著『公害・環境問題と東電福島原発事故』   野口宏
<科学者つうしん>
<編集後記>堀場純矢

2017年2月号 Vol.52 No.2 通巻589号

<巻頭言>
   地震災害:災害リスクを甘く見ず,人間復興を目指そう   奥西一夫
<読者の声>
<特集>熊本地震災害から学ぶものはなにか―災害研究・防災対策の現状と到達点
   まえがき   中山俊雄
   熊本地震はなぜ起こったのか?   飯尾能久
   市民と行政は,緊急事態に何を備えておくべきか─国家の総合リスク対策の提案   多賀直恒
   熊本地震に学んで─全国の運動と具体的な活動   千代崎一夫・山下千佳
<談話室>
   「生活苦しいヤツは声上げろ」   原田仁希
<レビュー>
   全学をあげたスマートキャンパス構築による省エネ推進─サスティナブルキャンパス実現への三重大学の取り組み   坂内正明
   株主価値重視経営と日本経済   柴田努
   霊長類における平等と利他性の起源について   山田一憲
<フロンティア>
   自由ソフトウェア論―情報化社会における自由を求めて   西村明生
<科学者つうしん>
<編集後記>高山進

2017年3月号 Vol.52 No.3 通巻590号

<巻頭言>
   続く危険なTPP路線─形を変え富の集中が   西村一郎
<読者の声>
<特集>TPP路線との闘いはこれから─日本農業と食の安全,林業の未来のために
   まえがき   小林幹夫
   TPP協定の全体像と問題点─食の安全,食品表示ルールにもふれて   山浦康明
   食の安全の規制緩和から見たTPP   原英二
   歴史的視点から考える「TPPと農業」─北米等「新開国」農業史と戦後北海道酪農史を素材として   足立芳宏
   木材貿易における日米関係の変化とTPP路線─危ぶまれる「地域材」の利用促進政策   佐藤宣子
   命を守るために,日本農業をどうする!─TPP国会批准に突き進んだ政府のもくろみを糾弾する   立石昌義
<言葉の玉手箱>
<談話室>
   ハビタットⅢと居住の権利   小伊藤亜希子
<レビュー>
   放射線被ばく労働と社会科学者の社会的責任   青水司
<レポート>
   中国広東省広州で開催された“土壌改良与資源利用”国際研討会の報告   畑明郎
<ひろば>
   世界科学者連盟第86回執行評議会に参加して   湯淺精二
<追悼>川崎健さんを送る言葉   本間慎
<事務局長声明>井原聰
<科学者つうしん>
<編集後記>小野英喜

2017年4月号 Vol.52 No.4 通巻591号

<巻頭言>
   沖縄─高江と辺野古のたたかい   屋富祖建樹
<読者の声>
<特集>「日本は法治国家」か?─辺野古・高江から地方自治と国家を問う
   まえがき   前田定孝
   日米軍事同盟体制と沖縄の役割─在沖海兵隊・オスプレイ「御守り」論   佐藤学
   辺野古裁判の検証と今後の展望と課題   徳田博人
   沖縄島の自然環境保全の課題─その焦点としての辺野古・大浦湾の保全   亀山統一
   やんばるの動物と生物多様性─高江・安波で発見した希少動物と,ヘリパッド建設が動物に与えた被害の具体例   宮城秋乃
   高江─暴走する国家権力   前田定孝
<談話室>
   ダイバーシティカップの取り組み─多様性を認め合う社会の実現に向けて   中田彩仁
<レビュー>
   医薬品・パーソナルケア製品による水環境汚染─寝屋川における抗インフルエンザウイルス薬を例に   高浪龍平
<オピニオン>
   築地市場の豊洲移転問題   三国英実
<本>
   アメ労編集委員会編『アメリカ文学と革命』   衣川清子
<第46回定期大会の概要・大会決議>
<科学者つうしん>
<編集後記>長野八久

2017年5月号 Vol.52 No.5 通巻592号

<巻頭言>
  生物多様性保護が拓く新たな環境政策   畠山武道
<特集>生物多様性から改めて問う日本の環境政策─沿岸域統合管理を手がかりに
   まえがき   高山進
   愛知目標の達成にむけた日本の環境政策の課題   吉田正人
   「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト」がつなぐ,地域と世界   呉地正行・舩橋玲二
   長良川河口堰の「開門調査」をめぐって─愛知県長良川河口堰最適運用検討委員会の取り組み   富樫幸一
   生物多様性の主流化へと舵を切るアメリカ─三位一体の政策調整・転換システム   及川敬貴
   ヨーロッパにおける流域政策の展開と日本の課題─EU水枠組み指令の「統合」が示唆すること   保屋野初子
<談話室>
   長良川河口堰の開門をめざす市民の取り組み   武藤仁
<レビュー>
   沿岸域の総合的管理と法制度   三浦大介
<レポート>
   生物多様性条約第13回締約国会議レポート   道家哲平
<オピニオン>
   日米の沿岸域統合管理の歴史的原点から見えてくること   高山進
<ひろば>
   予算拡大で新たな危険段階に入った防衛装備庁の研究委託制度   野村康秀
   軍学共同反対連絡会の活動   赤井純治
<本>
   公益財団法人笹川平和財団・海洋政策研究所編『沿岸域総合管理入門─豊かな海と人の共生をめざして』   脇田和美
<読者の声>
<科学者つうしん>
<編集後記>井上大樹


〒113-0034 東京都文京区湯島1-9-15 茶州ビル9F
Tel: 03-3812-1472 Fax: 03-3813-2363